富士見みらい館


渋谷区議会・文教委員会の視察で、千代田区で22年度に完成、開館した『富士見みらい館』を視察してまいりました。

『富士見みらい館』は、富士見小学校・幼稚園の改築に伴い、0歳から18歳までの児童を対象とした総合こども施設として開館したものです。

この施設は、「富士見小学校」、幼稚園と保育園を一元化した「ふじみこども園」、児童館的機能や学童クラブなどを備えた児童健全育成機能を担う「富士見わんぱくひろば」を一体的に整備したものです。

また、この施設は民間資金の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律、いわゆる『PFI法』に基づく公共施設の新しい整備手法で作られた館です。

都心にある施設なので敷地面積は広くはありませんが、建物を上手に活用し、フロアの施設によって色で分けてあり、明るく開放感を演出しております。

さらに、校庭の芝生化、壁面・屋上緑化、太陽光発電、風力発電など環境対策の取り組みが素晴らしいところです。

DSC_0163-1.jpg

 

DSC_0163-1.jpg

 

DSC_0163-1.jpg

 

DSC_0163-1.jpg

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です