こどもの日に思うこと


 今日は「こどもの日」、この日に合わせて総務省が発表した推定人口によると、日本の子どもの数(15歳未満)は前年比11万人減の1714万人で、1950年以降の最少記録を更新しました。

 総人口に占める子どもの割合も13.4%と過去最低で35年連続で低下しました。主な他国の割合は、インド35.3%、アメリカ20.2%、中国19.0%、フランス18.3%、ドイツ13.9%など日本が最も低いのです。

 この子どもの減少、すなわち少子化が止まりません。子どもを産み育てる壁はどこにあるのかそして、その壁をなるべく低くする事が政治の仕事だと思います。まず、未婚の若者が多い。結婚し、子どもを産み、育てる経済力のない事に起因しているのか、若年層に希望の持てる社会にすること。また、女性が出産・育児後、仕事への復帰、また男性が家事・育児を手伝える就労環境の整備をすること、また保育、教育への支援拡充が必要だと思います。

 これらは、区で出来る事もたくさんあると思います。区議として頑張ります。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です