中幡庚申塔 例大祭


中野通りから程近い、閑静な住宅街の中にあるのは、明治五年(1872年)4月に造立された庚申塔。

青面金剛像が彫られ、大正11年造立の「馬頭観音」とともに、地元では「中幡庚申様」と呼ばれて親しまれています。

その「中幡庚申様」の例大祭が本日開催されました。

中幡庚申塔

また、庚申塔をお守りしている『中幡伝統文化保存会』主催の納涼盆踊り大会が、18日・19日(土、日)6時より9時まで幡ヶ谷第三公園(水道道路沿い、水の公園)で行われます。

中幡庚申塔

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です