区議会議員講演会


「分権時代に相応しい基礎体力のある自治体を作る」という政府の方針のもとに進められた平成の大合併も、今年度末で一区切りとなります。

この「地方分権時代」に基礎自治体の議会はそして議員はその役割・責務のあり様について、東京大学公共政策大学院客員教授、(元総務大臣、元岩手県知事)の増田寛也氏の講演を拝聴してまいりました。

地方分権の理念、地方議会の役割、にわたってじっくりと聞いて来ました。

091111_1408~02.JPG

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です