世界をつなげる障がい者アート「渋パラアートの日2019」


こんにちは。渋谷区議会議員、下嶋みちおです。
台風19号が近づく中、本日、渋谷区議会 第3回定例会 最終本会議が先ほど終了しました。

定例会中、『渋 パラアートの日2019』が、セコム(株)、東急(株)のご協力で開催されました。

1964年11月8日は、東京・渋谷区を舞台に世界初のパラリンピックが開幕した日です。
来年2020年には「卓球、バドミントン、ウィルチェアーラグビー」の3競技が渋谷区内の会場で実施予定となっております。

このパラリンピックに、もっともっと多くの人に注目してもらうため、パラリンアートアーティストと渋谷区内の中学生が絵画を合同製作・展示する企画、それが『渋パラアートの日』です。

渋パラ アートの日

パラリンアートアーティストの「さくら」様、渋谷本町学園中と代々木中、松濤中の美術部の皆さん、大変、お疲れ様でした。
そして素晴らしい作品ありがとうございました。

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です