渋谷区議会・平成26年度第2回定例会での代表質問1-(3)まちづくり-笹塚駅前再開発関連


渋谷区議会・平成26年第2回定例会(6月18日)で行った代表質問の全文を公開掲載中です。
質問項目がたくさんあり、文章も長いので、ひとつずつ順番に掲載しております。

今日は、【まちづくり】に関する質問の3点目です。
「笹塚駅前再開発ビルの地域貢献と、これからの周辺まちづくり」についてです。

ゆっくりじっくりご覧いただければ幸いです。


◆下嶋みちおから【質問】

京王線笹塚駅前では、(仮称)京王重機ビルの建築が平成27年春の完成を目指して進められております。
地域待望の駅前再開発ビルが出来上がり、笹塚が渋谷の西の玄関口としてさらなる発展をすることを、本地域では大いに期待しているところであります。

再開発ビルの中には、地域貢献施設ができると伺っております。
笹塚駅周辺には老朽化した公共施設が多くある中、このビルには地域貢献施設として、4階に笹塚図書館と地域の集会室、1階広場には災害時の避難場所が出来ると承知しておりますが、地域のニーズに合った利便性の高い施設ができるものと、まちの皆さんはとても楽しみにしております。

このビルは4階からのセットバックで4階には40坪の屋外デッキや緑地テラスが南側にあり、天気のいい日には緑豊かなオープンカフェ的な図書館として利用し、さらには障害者団体、高齢者の方々にコーヒーと簡単なお菓子の販売でもして頂けたら、雇用促進にも繋がるのではないかと提案させていただきます。

現時点でどのように考えておられるのか、区長の御所見をお伺いします。

さらに設計の手法を活用し、公開空地が旧駅前ビルより格段に広がり、玉川上水路と繋がって、都心では珍しい駅前に緑豊かなプロムナードが出来上がります。
しかしながら、今回再開発が進んでいる場所の南側、観音通り商店街周辺には、木造住宅の密集しているエリアがあります。
駅前は今回の再開発で活性化されますが、その後背地である観音通り周辺は、まだまだ狭隘な道路が多く、課題のある地域が存在します。

この駅前再開発に続き、防災上の視点からのまちづくりが必要なエリアと考えられますので、今後も継続した取り組みが肝要と存じます。
このことについても、区長の御所見をお聞かせください。

下嶋みちお代表質問の様子

 


◆渋谷区長からの答弁

笹塚駅前再開発の地域貢献施設について、また、屋外デッキの活用についてお尋ねですが、
京王重機ビル再開発事業における地域貢献施設については、下嶋議員ご質問のとおり、計画建物の4階に笹塚図書館を移設するとともに、地域の皆様が利用可能な多目的室の設置を計画しております。

新しい図書館は、仕事帰りの区民の利用も想定し、夜間の開館時間を工夫するなど、駅前という利便性を活かした図書館として運営を検討してまいります。

多目的室は、地域の集会施設としての利用を想定し、災害時に情報収集など防災活動の場とし活用することも視野に入れております。

屋外デッキについては、再開発事業者が管理する共用部分であり、事業者の計画に委ねたいと考えております。

次に、観音通り周辺についてのお尋ねですが、
笹塚駅前においては、現在大型商業ビルの再開発が進められていますが、その南側の観音通り商店街周辺には狭隘道路が続いており、木造住宅が密集している地域が広がっております。
笹塚駅南口地区の地区計画策定時において、地元の方々からは、大きな再開発のあとは、南側に広がる木造密集地域においても、引き続きまちづくりをすすめてもらいたいととのご意見を数多くいただいておりました。

そこで一昨年度以来、この地域のまちづくりの要望を整理するため、地区別の意見交換会や、まちづくりのアンケートなどを実施してまいりました。
要望によりまとめられた目標を実現するため、笹塚南口地区と同じように地区計画を進めていくことが、この地域の方々から求められており、現在地区計画策定に向けた意見交換会を開催しているところであります。

また、災害時の安全性を確保し、不燃化を促進するため、東京都安全条例に基づく、「新たな防火規制」を笹塚地区に適用していくことを目標にとすて、すでに意見交換会をはじめております。
以上の2つのまちづくりの取り組みを地元の方々とも、十分な意見交換を行いながら、年度内の策定、適用を目指して進めてまいります。


ここまでご覧いただきまして、ありがとうございます。
次回は、「まちづくり - 新国立競技場に関わる周辺地域」に関する質問・回答を掲載する予定です。

渋谷区議会では、区議会の様子を動画でご覧いただけるようにしていますので、動画のほうもぜひご覧ください。

見方は、こちらに書いております。

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です